しあわせホルモンと睡眠ホルモンの働きについて

しあわせホルモンと睡眠ホルモンの働きについて

最近よく聞く【しあわせホルモン】の分泌はにかかってます!

その働きと、【睡眠ホルモン】には大きな関わりがあります。

♡しあわせホルモン(ハッピーホルモン)=セロトニンって?

脳内の神経伝達物質の1つです。(約90%は腸などの消化管にあり、残りが脳の神経伝達物質に。)

睡眠/食慾にも関係しています。

働き/役割

・不安感を和らげ精神を安定させ、多幸感や癒しを感じやすくなる。

食欲・体内時計の調整

正常な分泌量だと

・脳が覚醒して活動モードになる

心身ともに活力がみなぎり、イキイキ&キラキラして見える。結果、若々しく見えることに!

分泌を高めるために必要なこと】

①朝、太陽の光☀️を浴びる(体内時計をリセット)

↪️脳を覚醒させて集中力を高める、自律神経のバランスを整える

②朝食にトリプトファンビタミンB6を意識的にとる

↪️トリプトファン(必須アミノ酸)を含む【肉・魚・乳製品・豆類など】

 ビタミンB6【鶏肉・さつまいも・カリフラワーなど】

③リズム運動をする(有酸素運動/ウォーキング、ジョギング、自転車、ダンスなど)

_一定のリズムで筋肉の緊張と弛緩を繰り返すものを。開始5分位で活性化され、20〜30分でピークに達する

⭐️できれば朝、5分以上30分程度、疲れない程度の負荷で、3ヶ月継続すること

↪️うつ病、不眠症などの精神疾患に効果的

【NGなコト】ストレス

不足してしまうと…】

気分が落ち込む、意欲の低下、うつ状態へ(うつ病を発症しやすくなる)

怒りっぽくなる、キレやすくなる

・食欲が増し、過食気味になる

睡眠障害が起こりやすくなる(睡眠ホルモンと関連しているため)

▶︎http://healthy-smiling.com/hormonalbalance/

💤睡眠ホルモン=メラトニンって?

脳の松果体から分泌されるホルモンです。

▶︎睡眠について http://healthy-smiling.com/sleep/

働き

体内時計を調整する  ▶︎http://healthy-smiling.com/internal-rhythm/

抗酸化作用や免疫力を高める

特徴】

子供の頃は多量に分泌されるが、思春期になると急激に分泌が減り、年齢とともに減少する。

高齢者になり睡眠時間が短くなると、不眠症・時差ボケを起こしやすくなる。

正常な分泌量だと】

熟睡ができ、身体的なストレスが軽減する

分泌を高めるために必要なこと

①日中に太陽の光☀️を浴びて活発に働くことが大切

②夕食に、ビタミンB12を意識的にとる。

↪️ビタミンB12(牛レバー、さんま、いわし、卵、プロセスチーズなど)

▶︎http://healthy-smiling.com/watersolublevitamins/

不足してしまうと…】

よく眠れずに、体調不良になる。

☆重要なポイント

⭐️朝の光☀️をたっぷり浴びて、朝食でトリプトファンビタミンB6をとり、リズム運動をして

セロトニンをしっかり分泌させる!

↪️日中作られたセロトニンを原料にメラトニンは作られる。

しあわせホルモン(セロトニン)と睡眠ホルモン(メラトニン)の合成が、【健康な心身づくり】のポイントになります♪