特産品/郷土料理

特産品/郷土料理

特産品とは?

ある特定の国や地域でのみ生産されたり、収穫される物品のことで、その地域を代表し、

その土地の気候風土を生かした物品のこと”です。

郷土料理とは?

”その地域に根付いた産物/特産品を使い、その地域独自の調理方法で作られ、

地域で広く伝承されている地域固有の料理のこと”です。

なかなか、このご時世で全国各地に気軽に自由に旅行にいけないですが・・・

行ける時に、行けたら!是非その土地の特産品や郷土料理をいただいてみて、

それが美味しくて健康にイイ食品であったら幸せですね。

気になった特産品の健康効果や、郷土料理について、ピックアップし紹介します。

金時草__加賀野菜(石川県)

加賀野菜とは、加賀(=石川県金沢市を含む旧加賀国)で昭和20年以前から栽培されている野菜です。

15品目あり、その中でも美味しくて健康効果がある”金時草”について。

葉が紫色をしていて、茹でると粘りが出る特徴があります。

食べ頃が7月〜9月なので、旬な時にぜひ。

主な成分

アントシアニン(ポリフェノールの一種)_葉の紫色の部分  ムチン

▶︎ポリフェノール http://healthy-smiling.com/polyphenol/

GABA(発芽玄米の約2倍含む) 食物繊維 ▶︎http://healthy-smiling.com/dietaryfiber/

カルシウム(ホウレン草の3〜4倍含む)▶︎http://healthy-smiling.com/mineral/

βカロテン ▶︎http://healthy-smiling.com/vitamina/

主な健康効果

  • 強い抗酸化作用
  • 血糖値抑える効果
  • 血圧降下させる
  • ストレス疲労の軽減
  • 睡眠の質を改善
  • 免疫力向上
  • 眼精疲労の改善

👉生活習慣病の予防への効果

下処理

葉と茎を分けて切り、茎の固い部分はすてる。

沸騰したお湯に、ひとつまみの塩を加えて30〜40秒さっと茹でてから、氷水につけた後、水を切っておく。

調理法(通常)

おひたし 例)おかかと酢醤油で。 ツナとポン酢で。 同じ夏野菜の’トウモロコシ’と和えて。

汁もの 例)オクラと一緒にお吸い物で。 とろろ昆布と一緒にとろみ汁で。

酢の物 例)もずく+きゅうり+梅干し入れて。 みょうがきゅうりを入れて。 オクラと一緒に。

他))貝チゲ鍋に。 好きなキノコとお肉やベーコンを入れ、ニンニクで炒める。

▶︎トウモロコシ、オクラ、きゅうり http://healthy-smiling.com/seasonal-ingredients/

▶︎みょうが、ニンニク http://healthy-smiling.com/condiment/

夏野菜とさっぱり、いただくのが個人的にはオススメです。
食感が良く毎日食べたいです。

治部煮(じぶに)__石川県金沢市の郷土料理

名前の由来は

・材料を「じぶじぶ」と煎りつけるようにして作ることから

・野生の鴨肉を使うことから、フランス料理の’ジビエ’から変化した

など、諸説あるそうです。

鴨肉(又は鶏肉)を’そぎ切り’にして小麦粉をまぶしたものと、他の具として

お麩(=金沢特産の’すだれ麩’)、しいたけ青菜(=加賀野菜’せり’)を

だし汁+(醤油・砂糖・みりん・お酒)を合わせたものに入れ、煮たものです。

薬味のワサビをつけていただきます。

▶︎しいたけ http://healthy-smiling.com/seasonal-ingredients/

▶︎ワサビ http://healthy-smiling.com/condiment/

もちろん、金沢でいただきたいですが、家庭でも材料を代用して作ることが可能です。
鴨肉▶︎鶏肉、すだれ麩▶︎お麩に。また、小麦粉▶︎片栗粉や米粉も。
具は、里芋、しめじやエリンギ、さやいんげん、にんじん、小松菜にして作るのもイイですね☺︎

個人的に、とても好みで、体にも良いのでオススメです。特にこれからの季節にあう料理ですね。

かぶら寿司__石川県の加賀地方の郷土料理

塩漬けして切り込んだ”かぶら(=かぶ)”に、塩漬けした”ぶり”を挟んで、米麹で発酵させた寿司。

ぶり以外にニンジン・昆布も挟む。

食べ方は、そのままでも、醤油をつけても○ごはんと○お茶漬けにしても○

ぶり かぶ 今が旬!▶︎http://healthy-smiling.com/?p=1930

麹も使われてるので、健康には◎な食べ物ですね!▶︎http://healthy-smiling.com/malt/

もつ鍋__福岡県福岡市近辺の郷土料理

”牛または豚のもつ”を主材料にする鍋料理です。

低カロリーで、美容&健康に◎ 女性には特にオススメ!

基本の食材は5つなのに、1食で、ほとんどの栄養素がとれます

もつ 普通のお肉に比べてビタミン類(特にビタミンA/ビタミンB群)を多く含みます。

ミネラル(鉄分/亜鉛)、必須アミノ酸も豊富。

コラーゲンがたっぷりでビタミンCの野菜と一緒にとると効果がアップ!

👉食材にキャベツ・ニラが含まれてるので、必然的にアップ!

ニラ 食物繊維/カリウム/カルシウム/葉酸/βカロテン/ビタミン類/アリシン 含む

キャベツ http://healthy-smiling.com/seasonal-ingredients_2/

にんにく http://healthy-smiling.com/condiment/

唐辛子 http://healthy-smiling.com/spices/

少ない栄養素が、炭水化物/ビタミンD/ナトリウム なので、

+一緒に、ご飯、きのこ類↓、梅干しorお漬物をとると完璧です◎

主な健康効果

疲労回復 アンチエイジング効果 血行促進

福岡では一人もつ鍋屋さんも有りました。
もともと好きな食べ物が、効率よく栄養素をとれる健康食だったのを知って、ますます好きになりました。

鶏飯(けいはん)__鹿児島県奄美の郷土料理

平成19年 農林水産省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれている。

お茶漬けや雑炊に似た食べもの。

ご飯の上に、好みの具材(茹でほぐした鶏肉/錦糸/椎茸の甘煮/お漬物/刻みネギ・海苔/乾燥したみかん・ゆずの皮)

をトッピングして、「鶏ガラスープ」をかけていただくもの。

この鶏ガラスープが、味の決め手!と。

栄養バランス満点で、胃腸をあたため、疲労回復効果と免疫力アップに◎

手間がかかるため、日常食よりも、お祝い時や、お客様のおもてなし料理として出されるそう。

まだ行ったことがないので、現地で本場の鶏飯をいただきたいです。

ジンギスカン__北海道の郷土料理

羊肉(ラム/マトン)は、低カロリー。

独特の香りは脂身のところです。匂いがダメな人は、脂身をとって食べるのは?

私もダメだったんですが、以前に札幌に行った際に食べたら全く匂いが気にならず。

現地の方に聞いたら、新鮮だと匂いがしないとか。

羊肉には、体にイイ栄養がいっぱいです。

必須アミノ酸(良質なタンパク質)不飽和脂肪酸 が豊富。

代謝に欠かせないビタミンB1 、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラル(鉄分・亜鉛)も!

そして、脂肪燃焼促進をしてくれるL−カルチニン を含みます。

コレは、加齢と共に減少するので、羊肉でとると◎

ヘルシーな羊肉とたくさんの野菜を一緒にとれるので、健康食ですね。

今は旅行に行けない分、たまには週末の楽しみに、お取り寄せで食べるのアリですね。

いしる__石川県能登の特産品

日本三大魚醤(いしる)の1つ。ほか(秋田県/しょっつる、香川県/いかなご醤油)

天然・国産の新鮮なイワシ・イカを使って1年以上じっくりと発酵させたもの

旨味=アミノ酸が豊富に入っている。

石川県金沢市大野(発酵食の町)にあるヤマト醤油味噌で出している

【いしるだし】は魔法のおだしと言われていてオススメです。

▶︎https://shop.yamato-soysauce-miso.co.jp/fs/yamato/r-ishiru/142576

他にも、香りの良い【ひしほ醤油】や【かなえ/有機生味噌】もオススメです。

発酵食は、毎日とるとイイものなので、醤油・味噌など、すすんでとってください。

たまには美味しいものを、お取り寄せしてみても。