いっぱい食べよう🍄きのこ🍄〜作りおき有〜

いっぱい食べよう🍄きのこ🍄〜作りおき有〜

きのこって、どんな存在ですか?笑 
私自身、健康意識するまでは特に好んで食べることはなく、まわりに聞いても
味がない?美味しいとは特に思わない、あまり食べない、って言われます。

そんな’きのこ’🍄について、まとめてみました。
実は食物繊維がいっぱいで、炭水化物が好きな人、糖質・脂質のものをよく摂る人は、
進んで食べることをオススメする食べ物なんです。
糖質・脂質の代謝を促し、他にもきのこの種類によって、いろんな働きをしてくれる
健康にとっては欠かせない’きのこ’です☺︎

私のオススメ〜理想の朝食〜http://healthy-smiling.com/?p=161) で書いた、
きのこ作り置きをこちらで紹介します。
毎朝タッパーから出して食べるだけで、楽チンで、しかも美味しくたくさん’きのこ’をいただけます。

是非、試してみてください。

含まれる栄養素

きのこのカロリーは、100g=20kcal前後 

食物繊維、ビタミンB1,2、ビタミンD、ミネラル、βグルカン を含みます。

1日目安100g(半パック位)はとってください。

種類/主な働き

🍄しいたけ

老化防止、骨粗しょう症予防、生活習慣病予防、がん予防

🍄きくらげ

便秘、貧血予防
▶︎http://healthy-smiling.com/seasonal-ingredients/

🍄まいたけ

⭐️きのこ類の中でビタミンD多く含む
 タンパク質分解酵素多く含む
→お肉と一緒に漬け込んでおくと、お肉が柔らかく仕上がる
免疫力UP、肌荒れ防ぐ、肌の潤い保つ、メラニン活性化抑える、特に糖代謝促す
♪簡単レシピ♪
・旨味たくさんのお味噌汁(青ネギ、ごま油、だしの素、味噌、バター)

🍄エリンギ

便秘・むくみ解消中性脂肪が体内に吸収されるのを抑える働き

🍄ぶなしめじ

新陳代謝高める、肌トラブルに効く、二日酔いに効果的

🍄えのき

疲れ気味の人、特に!!
GABA 含む=リラックス効果、疲労回復、ストレス解消
ビタミンB群 含有率トップクラス
他_数種類のミネラル&食物繊維含む

♪簡単レシピ♪
・自家製なめたけ
・えのきだけの梅蒸し煮

🍄なめこ

免疫力UP

🍄あわびだけ

お肌保湿効果

🍄ヤマブシタケ

記憶力UP、認知症予防

主な調理方法

水洗いをしない。汚れはキッチンペーパーなどで拭き取る。
炒める際は、強火で。
紹介する作り置きでは、レンジで温めます。

保存方法

冷蔵だと3日程度が目安
すぐ使わない場合は、密閉できる保存袋(ジップロック)で冷凍がイイです。
1ヶ月程度が目安。

作り置き 🍄ミックスきのこ🍄

材料 

🍄:なめこ(2袋)えのき茸(大1袋)しめじ(大2パック)椎茸(6コ)エリンギ(1本)
※なめこ・えのき茸以外は、まいたけ や 好きなきのこに変えても◯

調味料お酒(1/3cup)、水(1/3cup) 、だし顆粒(小さじ1) 、塩(小さじ1) 、醤油(大さじ1)

きのこの切り方

えのき茸_根本を除き(切り落とし)長さ3等分に切る。

しめじ_石づきを除き、長さ3等分に切る。

椎茸_石づき先端部分を除き(切り落とし)薄くスライスし刻む

エリンギ_縦に2等分し、薄くスライスし刻む

なめこは、切らずにそのまんま入れる

作り方

1)耐熱のお皿(できたら平らのものがイイ)に調味料だけを全て入れ混ぜる。

2)1種類ずつ、きのこを切り、その都度1)のお皿に入れて大きいスプーンで混ぜる。

3)ラップをかけずに、電子レンジ(600w)で5分30秒加熱する。終わったら一旦出して混ぜる。

更に、5分30秒加熱。終わったら出して、冷めたら深い保存容器にうつし、冷蔵庫へ。


毎朝の朝食+夕食で1週間分(一人)
※朝食だけなら二人分

きのこ/調味料のアレンジ 🍄おとな味🍄

材料)しめじ、しいたけ、まいたけ、なめこ、エリンギ__各1パック、えのき__2パック

調味料)水(1/3cup) 、だし顆粒(小さじ1) 、お酒(大さじ2)、みりん(大さじ2)、しょうゆ(大さじ4)

作り方3が終わったら👉酢(大さじ1)、柚子こしょう(小さじ1)、お好みでゆず皮と小ねぎを加えて、さらに500wで2分位

メニューアレンジ

そのまま朝食&夕食プラス1で食べることをオススメしますが、そのままが苦手な人、飽きてしまう人は、

👉ハンバーグ、クリームシチュー、ビーフシチュー、カレー、餃子、焼きそば、オムレツ、
 きんぴらごぼう、スープに入れる、お豆腐にかける、など。