プチお役立ち情報♪知ってるdeプラス健康に

プチお役立ち情報♪知ってるdeプラス健康に

今が旬!!「ぶり」の食べ方

2月から4月に旬を迎える「桜ぶり」 (寒ぶりの旬=12−2月)

旬な食材は栄養価が高いので食べるだけで◎ですが、調理法や食べ組み合わせで効果が変わります!

_生=お刺身
DHA/EPA(食べ物から摂る必要のある脂)を無駄なくとれる ▶︎血中コレステロールを低下させる作用

_withご飯=丼
ぶりに含まれるビタミンB1が、ご飯(糖質)の代謝を促し、効率よくエネルギーに変えてくれる

_with乳製品/大豆製品
ぶりに含まれるビタミンDが、乳製品/大豆製品のカルシウムの吸収率をup!!

※大豆製品では、豆腐・生揚げ・がんもどき・高野豆腐にカルシウム多く含む

高野豆腐食物繊維と似た働きをする
たんぱく質の一種”レジスタントプロテイン”が豊富に含まれる◎

+厚揚げは、低糖質でありながら高タンパク質という優秀食材。 絹ごし豆腐の約2倍タンパク質含有量

↓これ全部が叶う簡単レシピ♡

材料
ご飯・・・小どんぶり2杯分
ぶり(切り身)…2切れ下味(しょうゆ、酒、みりん各小さじ1
豆腐・・1/2丁 ⇦厚揚げに変えても◎
(1、2を焼く場合▶︎お好きな植物油・・・小さじ2、だし汁・・1/4カップ)
万能ねぎの小口切り・・・23本分

作り方)
1.ぶりは1切れを3−4枚にそぎ切りにし、下味の調味料につけておく
2.豆腐(又は厚揚げ)半分に切って2センチ幅に切る
3.ご飯をどんぶりに盛り、1.2をのせて万能ネギを散らす