☀️紫外線の対策⛱

☀️紫外線の対策⛱

☀️太陽を浴びることは健康のために必要ですが、▶︎http://healthy-smiling.com/vitamind/

紫外線が強くなる時期は、気をつけて紫外線対策⛱を行いつつ、太陽の光を適度に浴びる生活を♪

それと同時に、紫外線に負けない食べ物を意識して摂るようにしましょう!

▶︎食べ物については、foodカテゴリーで。

紫外線の種類

紫外線の強さ ・・・時刻、季節、天候、オゾンの量によって大きく変わる

気象条件が同じ場合、太陽が頭上にくるほど強い。

1日のうちでは、正午ごろ。1年のうちでは、6〜8月にかけて最も強まる。

1年中放出されていて、曇りの日室内にいる時(窓ガラスを通して)も紫外線は降り注いでます。

紫外線量 ・・・紫外線の強さ×あたっている時間

※弱い紫外線で長時間浴びる  強い紫外線を短時間浴びる となることも。


紫外線には、波長の違う UV_A UV_B UV_C の3種類があります。

▶︎UV_A (紫外線の90〜95%)

長時間浴びた場合は健康に影響あり。UV_Bほどではない。

▶︎UV_B(生物に与える影響大。UV_Aの1000倍以上の作用)

ほとんどはオゾン層・上空の雲に阻まれるが、オゾン層の破壊で一部は地上に達し、人体へ悪影響を↓

皮膚への影響・・・日焼け、色素沈着、皮膚の老化、シミ・シワ、皮膚ガン

眼への影響・・・目の角膜、角膜炎・結膜炎

▶︎UV_C 地上には達しない


オゾン層破壊により、地上へ到達する紫外線が増加しているので、

UV指数(UVインデックス)情報をみて、紫外線対策を行いましょう!

指数1〜2(弱い)_安心して戸外で過ごせる

指数3〜5(中程度)、6〜7(強い)_日中は日陰にできるだけ長袖・帽子・日傘を活用、日焼け止めでガードする

指数8〜10(非常に強い)、11以上(極端に強い)_日中外出は避け、必ず日焼け止めでガードし、長袖・帽子・日傘を活用

日焼けの種類

サンバーン(肌が赤くなる)UV_Bの影響__肌が白く、敏感肌・乾燥肌の人に多い。

日焼け後、肌が軽くヤケドしたような炎症状態に。

オススメの食材は、ハトムギ・アボカド・白きくらげ・豆乳・レモン

サンタン(肌が黒くなる)UV_Aの影響__くすみやすい人、紫外線を吸収しやすい人に多い。

日焼け後、メラニン色素が沈着し、皮膚が褐色付いた状態に。

オススメの食材は、セロリ・トマト・バルサミコ酢・黒きくらげ・しめじ

日焼け止め効果について

SPF (SunProtectionFactor) UV_Bをカットする数値

20分、何もつけてない肌と比べ、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるかの目安

例)SPF20の場合 20分×20=400分(抑制できる)

PA(ProtectionGrade of UVA)

UV_A防止効果を強い方から++++、+++、++、+4段階で示す

⭐️日焼け止めは、こまめに塗り直すことで効果をあげることができます!

紫外線対策をし、太陽に浴びる時間を適度に作る、健康的な夏に☀️

※紫外線対策のために、夜寝る前にブルーライトを浴びるのもNGです。

=目の健康のためにも!▶︎http://healthy-smiling.com/eye-health/