1日1個のリンゴ🍎は医者知らず

1日1個のリンゴ🍎は医者知らず

こんな🍎リンゴの諺がある通り、健康維持に必要な様々な栄養素が入っていて

果物の中でトップクラスの’日持ち’をする優秀な食べ物です。

旬な時期は10月頃ですが、年間通じて流通されているので、いつでも手軽に食べられオススメです。

🍎リンゴ100g=61Kcal/糖質14.3g

多く含む栄養素

カリウム カルシウム 鉄 食物繊維 ビタミンC 有機酸

▶︎ミネラル http://healthy-smiling.com/mineral/

▶︎食物繊維 http://healthy-smiling.com/dietaryfiber/

▶︎ビタミンC http://healthy-smiling.com/vitaminc/

こんなに効果が

🍎脳卒中・高血圧予防(カリウム)

🍎血糖値・LDL(悪玉)コレステロール下げる(ペクチン)

 ▶︎脂質代謝異常の方は!http://healthy-smiling.com/lifestyle-related-diseases/

🍎便秘・大腸ガン予防(食物繊維)▶︎発酵食品

🍎むくみ予防(カリウム) ▶︎むくみ http://healthy-smiling.com/swelling/

🍎疲労回復作用(有機酸:クエン酸)

🍎美肌効果(アルカリ性)

🍎虫歯予防(果肉が歯についた食べカス落とし綺麗に&噛む事で唾液分泌よく)

🍎抗酸化作用(皮に含むリンゴポリフェノール=プロシアニジン)

 ▶︎ポリフェノール効果 http://healthy-smiling.com/polyphenol/

保存方法/オススメの調理&食べ方

保存方法 乾燥を防ぐためにラップorポリ袋orジップロックに入れて、短期間なら冷蔵保存でOK

オススメの調理&食べ方 

🍎よく洗って皮ごと丸かじり

🍎加熱する(ペクチンの抗酸化力が9倍に)

👉丸ごと焼きリンゴ、アップルパイ、ジャム etc

糖質を気にしてるけど、お菓子食べたい方は、カロリー&糖質少ないアップルパイ、おすすめです。
また、アップルパイ作るのが面倒だな・・・の時は、
丸ごとりんごをパイ生地で包んで焼くのも、
焼きリンゴ&アップルパイの両方の感じを味わえて美味しいです🍎