タンパク質とは?主に体の組織をつくる

タンパク質とは?主に体の組織をつくる

体(皮膚・筋肉・臓器・血液・毛髪・爪・骨など)をつくる最も重要な構成成分です。

また、ホルモン・酵素・神経伝達物質・免疫物質・抗体などの原料としても欠かせないモノです。

主な働きとして、免疫機能を高めたり、糖質が不足した時にエネルギー(1g当たり約4kcal)を

供給するエネルギー源となります。

1日の摂取エネルギー量の約15%を目安に摂りましょう!

タンパク質の分類

20種類アミノ酸で構成されます。

そのうち、9種類は、人の体内で合成できない為、食事で摂取が必要

必須アミノ酸 =良質タンパク質(魚介類・肉類・大豆・卵・乳製品)

必須アミノ酸_働き

イソロイシン(神経機能の補助/血管拡張/肝臓機能の改善/筋肉強化/成長促進)

ロイシン(肝臓機能改善/筋肉強化)

リシン(ブドウ糖「糖質」の代謝促進/カルシウム吸収促進/細胞修復/肝臓機能改善)

▶︎ブドウ糖 http://healthy-smiling.com/sugar/

▶︎糖代謝についてhttp://healthy-smiling.com/vitamins/

メチオニン(ヒスタミンの血中濃度降下作用/抑うつ症状の緩和)

フェニルアラニン(鎮痛作用/抗うつ作用)

トレオニン(脂肪肝予防/成長促進)

トリプトファン(精神安定/鎮痛抑制/抑うつ症状の緩和)

▶︎朝食に!http://healthy-smiling.com/serotonin/

バリン(血液中の窒素バランスを調整/肝臓機能改善/筋肉強化)

ヒスチジン(神経機能の補助/成長促進)

鶏肉、レバー、羊肉、種実類、スキムミルク、大豆製品、海藻類、カツオ、ブリ、サンマ

と、以下の食べ物に含まれます。

多く含む食べ物

まぐろ  牛肉(赤身) 豚ロース(赤身) 鶏ささみ 鶏卵 プロセスチーズ

木綿豆腐 牛乳 納豆 ▶︎http://healthy-smiling.com/natto/

多く摂りすぎると?不足すると??

多く摂りすぎると、尿として体外に排出される為、腎臓に負担をかけ水の必要量を増加させる。

不足すると、体力や免疫力が低下し、感染症や合併症を誘発する。脳卒中の危険も高まる。

老化も加速する。子供では、成長障害に。

効率よく摂取する方法

タンパク質の代謝には、ビタミンB6が必要。分解・合成を助けます。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物と一緒に摂ると◯ ▶︎http://healthy-smiling.com/vitamins/

▶︎運動後にも摂取必要!http://healthy-smiling.com/sports/

良質のタンパク質を毎日とるように!
ただし、摂り過ぎには注意です😉▶︎http://healthy-smiling.com/badlifestyle/