無意識のうちに働いている〜自律神経〜

無意識のうちに働いている〜自律神経〜

生命活動を担っている自律神経は、私たちの無意識のうちに働いている神経です。

昼は働き、夜は眠る、のが自律神経のリズムです。

これに合わせて生活することが体の健康のために大切です!

自律神経には、交感神経副交感神経があります。

お互いに相反する働きをし、両方のバランスがとれて心身が安定します。

交感神経(アクセル)体を活動モードに〜日中に優位〜

●日中、緊張&興奮している時間

●体のエネルギーを作りやすい。筋肉の機能を発揮。→活動的に頭や体を動かすことができる

●呼吸、循環機能が働いている

●唾液はネバネバした感じに。(ストレス溜まっていても、この状態に)

※胃腸(消化管)の働きのみ低下

▶︎食後すぐに体を動かすと、交感神経が働いてしまい、消化管の働きが悪くなり、消化・吸収が悪くなるので

『親が死んでも食休み!』です!食後20分は・・・(満腹中枢が働くまで。食べ過ぎないためにも!)

ストレス NG✖️

▶︎受けた時ショック状態になると、活動は抑制される

▶︎受け続けると・・・活動は活発になってしまう。(夜も)

※寝酒(アルコール)NG✖️

▶︎アルコール分解時に交感神経が働くので、寝酒で得た睡眠は、意識がなくなるだけの状態で

体内は起きている状態とあまり変わらないです。(よって疲れはとれません…😓)

☆昼時間の過ごし方〜交感神経を優位にするため〜

体内時計を狂わせないためにも、朝食同様▶︎http://healthy-smiling.com/breakfast/

昼食も決まった時間に食べましょう!

昼食のエネルギーがチャージされた後は、夕方まで1日で1番交感神経が優位になります♪

この時間を有効活用させて、自律神経のバランスを整えましょう!


●昼食は、バランスよく、よく噛んで、腹八分目に抑えて食べる

メリット;急な血糖値の上昇を抑えられる、肥満防止に、セロトニン(しあわせホルモン)の分泌に 

▶︎http://healthy-smiling.com/serotonin/

●昼食にスパイシーランチ(おすすめは、カレー又は、薬味・スパイス使った料理)を♪

▶︎薬味 http://healthy-smiling.com/condiment/ ▶︎スパイス http://healthy-smiling.com/spices/

メリット;エネルギー消費&代謝UP、気分UP

●おやつをもし取る場合、15時くらいまでに!(体が脂肪を分解しやすい時間帯)

▶︎オススメなおやつは、ナッツ類(アーモンド・くるみなど)、ドライフルーツ

●お昼寝するなら、12〜15時の間に15分程度◎→頭をスッキリさせる。30分以上は×

●少しきつめの運動に向く時間です。→血液中に酸素を取り入れやすくなる

メリット;筋肉がつくと成長ホルモンが分泌 ▶︎http://healthy-smiling.com/sports/

副交感神経(ブレーキ)体を休息モードに〜夜にかけリラックス〜

●リラックスした状態

●抹消血管など拡張し、手足を温める

●唾液は、サラサラした感じ

※胃腸の働きのみ活発に

◎ストレスを溜めがちな人は、特に、副交感神経を優位にするために、

極力、リラックスした状態を作るために、自分なりの工夫を♪

例えば・・・好きな音楽聴く、香りを取り入れる、コーヒーを飲む、散策をする、など。

日常に簡単に取り入れられることを☺︎

笑顔でいることも◯ ▶︎http://healthy-smiling.com/smile/

▶︎音楽 http://healthy-smiling.com/music/

▶︎色 http://healthy-smiling.com/color/http://healthy-smiling.com/color-power/

▶︎香り http://healthy-smiling.com/fragrancy/

個人的に好きなアロマ(ベルガモット、フランキンセンス、サンダルウッド、シダーウッド、ジャスミン、

ジュニパー・ベリー、ネロリ、ユズ、タバコ、コーヒー、トンカビーンズ、パチュリ、ミルラ)

☆夜時間の過ごし方〜副交感神経を優位にするため〜

夕方以降は、リラックスした状態で心身を休めるための時間に☺︎

夕食後、睡眠に向けて準備を始める時間で、どう過ごすかで睡眠の質も変わります。

▶︎睡眠について http://healthy-smiling.com/sleep/

▶︎睡眠ホルモン(メラトニン)について http://healthy-smiling.com/serotonin/


●筋トレのゴールデンタイムは17〜19時頃です。▶︎http://healthy-smiling.com/sports/

●夕食は、寝る約2〜3時間前までに済ませる。

▶︎夕食が遅くなってしまいそうな時は、18時頃までにゴハン・パンなどの主食を食べ、

 帰宅後は低脂肪の魚・肉、野菜などのおかずをとるように。

●就寝約4時間前からはカフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレートなど)の摂取を控える

寝酒(アルコール)摂取も要注意!睡眠の質の低下に。。

●入浴は、夕食後1時間以上経過して〜寝る1時間位前までに。

●リラックスのために、腹式呼吸を ▶︎http://healthy-smiling.com/breathing/

(お腹を意識し鼻からゆっくり息を吐く→10〜20秒かけて息を吐き尽くす→お腹を膨らませ息を吸う)

●就寝少し前から意識して、副交感神経を優位にするために気をつけることは、

テレビ、パソコン画面を見過ぎないように ▶︎目の健康のためにも!http://healthy-smiling.com/eye-health/

・就寝1時間前には・・・暖色照明や間接照明に切り替える、スマホなど見ないようにする

・寝るときは真っ暗な状態に

⭐️日常で簡単に副交感神経を優位にするには…意識して【ゆっくり】行動を♪
また、勇気づける、謙虚に生きる、日記をつける(1日の振り返り)も優位に繋がります☺︎

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると・・・

自律神経失調症に。自律神経が正常に機能しなくなり様々な症状が出ます。

原因;ストレス不規則な生活更年期障害/先天的要因

全身的に出る症状;だるい、眠れない、疲れがとれない、など。

それにより、頭痛・動悸・息切れ・めまい・のぼせ、立ちくらみ、下痢、便秘、冷え、など。

精神的な症状;情緒不安定、イライラ、不安感、鬱、など。

自律神経失調症にならないためにも、上記の交感神経と副交感神経のバランスをとることですが、

最も大切なことは、ストレスのコントロール と 生活習慣の改善(規則的睡眠と食事) です。

▶︎ストレス http://healthy-smiling.com/stress/

現代社会の問題点・・・交感神経優位の生活

副交感神経は年齢とともに働きが低下します。

また、それに加えて、睡眠不足&働きすぎ&ストレス&生活習慣により、交感神経優位の生活で

消化酵素の分泌力が減少 = 消化不良 & 便秘 がちな人が多い。

上記を参考に、副交感神経がUPすることを、日常生活に取り入れることが必要です

血液の流れと自律神経の関わり

自律神経は、血流をコントロールする働きもしています。

自律神経のバランスが悪くなると…

血流の流れも悪くなり、全身に影響が出ます。

  • 細胞の機能は低下
  • 血管内では血栓ができやすくなり、免疫力の低下 👉病気発症しやすく、治癒力の低下

血液の質の低下 👉全身に十分な栄養素/酸素を運ぶことができなくなる

①②の結果、高血圧 糖尿病 脂質代謝異常症 などに。

▶︎脂質代謝異常について http://healthy-smiling.com/lifestyle-related-diseases/